免許証 · 在籍確認 · 闇金

免許書を落としたけれど、闇金などで悪用されないか?

免許証は、身分確認の方法として最も用いられるものです。したがって、悪用の恐れはあります。闇金で利用されてしまわないかという点ですが、その可能性はありえます。したがって、すぐに再発行の手続きをするなどしましょう。そのためには、まずは警察に紛失したことを届け出る必要があります。

免許証には、住所や氏名、顔写真などが記載されています。闇金は直接契約をするのが一般的であるため、明らかに顔が異なる場合には利用できないでしょう。ただし、顔が似ていて在籍確認をしないような闇金ならば、それでも通用します。したがって、後から取り立てがなされてしまう可能ではあります。

最も、少なくとも自分が契約していないことは明らかなので、ここで支払う必要はありません。身に覚えがない取り立てを行われたのならば、警察に相談しましょう。また、弁護士を雇うのも身を守るためには役に立ちます。闇金業者は法的な手段を取られると100パーセント負けるため、弁護士が間に入るのが最も対処として効果的なのです。自分一人では相手も引かない場合でも、弁護士がいれば確実に引いてくれます。

一番大切なことは、このような事態にならないように、免許証の管理をしっかりしておくことです。しかし、一度紛失してしまった場合には、いくら後悔しても、その事実は変わらないため、素早く対処する必要があります。その点で、警察への届け出、弁護士への相談をすることがおすすめできます。
闇金融についてはこちら